デパス依存から減薬や断薬をするならこのサプリがおすすめ

デパス依存で減薬や断薬をするなら

 

デパス断薬に成功

うつ病やパニック障害などの精神疾患を患いデパスを処方してもらったら、その時は凄く楽になったけど今度はデパスが辞められなくなった・・・

 

たった一錠を飲んでいただけなのに、どうして辞められないの?

 

精神的な病が少し楽になりそろそろ薬を辞めようと思っても、薬に依存してしまっているからか辛い離脱症状が起こり結局飲んでしまう。

 

辞められないって本当に辛いですよね

 

メンタルが元気になった訳じゃないのに違う悩みを抱えてしまうと、せっかくマシになった病がまた再発するような不安に襲われてしまい、ついつい一錠を飲んでしまう。

 

そして飲んだ後には決まって後悔してしまんですよね。

 

私も同じで、何度もデパスの断薬に失敗しなかなか辞める事が出来ずに悩み続けてきました。

 

 

辛い精神状態が起こってしまう理由

 

セロトニンが減少

私は25年もの歳月をデパスに頼り、もうこれ以上薬を飲み続けるのが嫌だと思った私はどうして精神的な病を抱えてしまうのか?を調べたのです。

 

すると一つの答えに行きついたのですが、それはセロトニンが減少してしまうという答え。

 

実はこれらの辛い症状は脳内物質と呼ばれるセロトニンと呼ばれるホルモンが減少している事が多く、このセロトニンが減少する事によりストレスや不安などに対処できなくなってしまうのです。

 

普通に分泌されていれば、人はストレスや不安を感じるとセロトニンが抑えにいくのですが足りていないから常にストレスと戦っている状態。

 

セロトニンを増やす

そして精神科や心療内科で処方されるSSRIなどの抗うつ薬はこのセロトニンを作り出すための薬、だから服用すると精神的に安定したり楽になれたりするのです。

 

デパスも同じで不安を感じたり何らかの辛い症状が起こった時に飲むのですが、これもセロトニンが関係していると考えられています。精神疾患を患っていると幸せホルモンが減少する傾向にあるのです。

 

という事は、このセロトニンを増やす事が出来ればデパスを断薬する事ができる!!

 

長年デパスと付き合ってきた私ですが、今では断薬する事に成功し辛いと思う症状をほぼ完治させる事に成功しました。

 

ここでは私と同じようにデパスを辞めたくても辞められない人が少しでも楽に減薬断薬出来る方法をお伝えしたいと思います。

 

 

25年間のうつ病とパニックでデパスを飲んでいました

 

20代の頃から様々な精神疾患を患ってきたのですが、医師に診断された病名はうつ病から始まり

 

  • パニック障害
  • 過換気症候群(過呼吸)
  • 心身症
  • 不眠症
  • 精神不安症
  • 対人恐怖症
  • 統合失調症

 

少しでも自分に合った病院を探そうと違う病院に行くたびにもらう様々な診断名。

 

その都度SSRIなどを処方されたりデパスを処方されたりと医師によっても処方する薬が異なる事は当然だったのです。

 

 

本格的にデパスを辞めようと思ったきっかけ

 

デパスを断薬しようと思ったきっかけ

40代に入った頃から飲んでいた薬はデパスだけに減ったのですが、この時はまだ薬を辞めようと思う事はありませんでした。

 

しかし私が42歳の時、同じように精神疾患を長年患っていた従妹が自らの命を絶ってしまったのです。

 

 

その時叔母が私に

 

薬は飲んだらあかん。辞めれるんやったら辞めなあかん

 

そこで何とかデパスを辞めようと必死になって方法を探し見つけたのがセロトニンを増やすという方法だったのでした。

 

長年患ってきた心の病はセロトニンと呼ばれる脳内物質が減少している事が原因

 

だったら薬じゃなく他の方法でこれを増やせば薬を辞められるのでは?

 

叔母に言われた一言がきっかけがなければ私は今でもデパスを飲んでいたと思います。しかし自分でセロトニンを増やすようになってからデパスを辞める事が出来たのですから、今となっては本当に叔母に感謝しています。

 

ストレスを感じているならセロトニンを増やそう

 

人は些細な事でもストレスを感じてしまうのですが、セロトニンが減少しているとそんな些細なストレスにも立ち向かう事が出来なくなってしまいます。

 

そのため不眠やうつ病、パニック障害など様々な精神疾患を患ってしまうのですが、足りないセロトニンを増やす事でストレスを感じにくくなりメンタル面の辛さを感じにくくなると言われています。

 

 

向精神薬にはもう頼りたくない!でもついつい飲んでしまうのが悩み

 

きっとあなたも、本当は向精神薬なんかに頼りたくないんですよね?

 

そう思いながらつい1錠、気づけば2錠と飲んでしまっているのではないでしょうか?

 

心のどこかではいつも「薬は辞めたい!」と思っているのに、飲まなければ不安になってしまうのはもしかすると単に薬に依存しているだけなのかもしれません。

 

飲む事が当たり前になってしまっていると飲んでいない事に不安を感じてしまうのですが、本当に辞めたいと考えているなら私のようにキッパリと手を切る事は当然可能です。

 

 

デパスを服用しなくなってから手にいれた幸せは想像以上に大きい

デパスを服用しなくなってから手にいれた幸せは想像以上に大きい

もしあなたが、全くデパスを必要としなくなったなら・・・

 

  • 薬を飲まなければという不安がなくなる
  • メンタル面で辛いと感じにくくなる
  • 今まで出来なかった事が出来るようになる

 

 

何もせずに薬と手を切れれば良いのですが、長年飲んでいるとそれほど簡単ではありません。

 

しかし今までと少しだけ方法を変えるだけで・・・

 

もし数カ月後に薬を減らす事が出来れば、それだけで自分の体調が良くなっていると思えるのではないでしょうか?

 

そしてもし数カ月後に断薬に成功したなら、あなたが今まで悩んできたメンタルの辛さから解放されているという事なのではないでしょうか?

 

そしてこれらが成功すれば、今まで諦めていた事の全てを始める事が出来るようになるのですから、人生そのものに大きな変化と希望を手にいれる事が出来るのです。

 

いつまでも薬を飲まなければならないという事も辛い事ですが、それ以上に辛いのは希望を諦めてしまっている事。

 

しかし25年もの間、デパスに依存していた私でも辞める事が出来たのですから、私が行ってきた無理をしない方法だときっとあなたも断薬に成功する事が出来るはずです!

 

まずは日常生活からセロトニンを増やす方法をご紹介したいと思います。

 

 

食生活を変えてセロトニンを増やす方法

 

食生活でセロトニンを増やそう

セロトニンは残念ながら人間が作れるホルモンではなく、トリプトファンやビタミンB6などを食べる事で体内でセロトニンを作りだす事が出来ます。そのため積極的に食べたい物はトリプトファンやビタミンB6が入っている食べ物。

 

  • まぐろや鰹などの赤味の魚
  • 豆腐や大豆、豆乳などの豆類
  • 牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品
  • ナッツ類
  • バナナ

 

これらの食品は精神的に辛い人は極力食べたい食品と言えます。

 

他にも太陽に当たる事や軽い運動をする事でもセロトニンが作りだせるので、元気な時には表に出て運動する事もおすすめです。

 

抗不安薬はセロトニンを増やす薬

 

精神的な問題を抱えている人はストレスを軽減する程のセロトニンがなく常に欠乏している状態です。

 

精神科で処方されるSSRIなどの抗不安薬はセロトニンを作り出す薬です。デパスも不安を感じる時に頓服代わりに飲むのですが、これはストレスを自ら軽減する事が出来ないから。

 

医学的にもメンタルの問題はセロトニンを増やすと症状が軽くなったり改善したりすると考えられているから処方されているのです。

 

 

セロトニンは薬ではなくサプリで作る事が出来る

 

サプリメントでセロトニンを増やす

薬ではなくデパスの代わりになる物がないかと探していた時には一時期漢方薬を飲んでいました。

 

しかしあまり効果を感じる事もなく、結局デパスを飲んでしまい断薬に失敗。

 

そんな時にデパスが抗不安薬だと知りその効能がセロトニンを作り出す事だと知った私は、ネットで偶然見つけた不眠を改善すると言われているセロトニンサプリを試してみようと思ったのです。

 

元々サプリには不信感しかなく半信半疑だったのですが、可能性があるならとこの時は藁にもすがる思いでした。

 

全く期待した変化を感じられない物が多く諦めながらもあれこれと試していくうちに、他の物とは異なりかなり大きな変化を感じ最終的に断薬に成功する事が出来た物を見つける事が出来ました!

 

サプリメントは薬ではなく栄養補助食品だから安心

 

天然成分で出来たサプリは薬ではなくあくまでも栄養補助食品だから、野菜を食べるかのように安心して採り入れる事が出来ます。

 

ただ、栄養補助食品なので全ての人に変化があるかと言えば残念ながらそうではありません。しかし25年もの間デパスを飲み続けてきた私がデパスを断薬する事が出来、今ではうつ病やパニック障害が起こらなくなっているのですから、今まで何を試しても上手く行かなかったなら参考にして下さいね。

 

 

セロトニンが増えるメリット

 

このセロトニン、最近では幸せホルモンと呼ばれているのですが、これが増えると・・・

 

小さな事でストレスを感じなくなり笑顔になれる

セロトニンが増えると笑顔が増える

いつも悩みばかりを抱えているのって辛いですよね?しかし幸せホルモンが増えればストレスを感じにくくなるのです。ストレスがなくなると心が大らかになるからか、普段なら腹が立っていたような事でも気にならなくなり、家族や友達に笑顔で話せるようになるのです。

 

なかなか寝付けなかったのに、ベッドに入った途端眠れるようになる

不眠が解消される

美容と健康に必要な睡眠ですが、しっかり眠る事が出来るようにるとお肌もつるつる、肌の調子も良くなり見た目年齢も−5歳は若返った感じです。長年気になっていた肌荒れも少しずつ気にならなくなるのはストレスを感じにくくなったから。しっかりした睡眠が取れれば体調不良もお肌の問題も気にならなくなります。

 

太りにくくなった

ダイエットが出来る

薬を飲むと精神的な不安を感じにくくなるからか食欲が旺盛になり太りやすくなってしまいます。しかし薬を辞めると元の体重に戻り、昔来ていた洋服がすんなり入るようになるのですから、元の体系を取り戻す事が出来ます!

 

物忘れや健忘がなくなる

物忘れや健忘がなくなる

飲み始めた頃はあまり感じなくても飲み続けると物忘れをする事が増えたと感じる事がありますよね。何をしようとしていたか?何を話そうとしていたか?しかしデパスを辞めるとモヤモヤしていた頭の霧が晴れたかのようにスッキリするので、買い物い行っても買い忘れなんかしなくなります。

 

心が元気になるとヤル気も現れ心身ともに健康になる

心身ともに健康になれる

何よりも、心が元気になっていくのですから、今抱えている体調不良も全て一層され、昔の元気だったあなたを取り戻す事が出来るのです。何も出来ずに過ごした日々はおしまい。希望に満ちた明るい未来を手に入れる事が出来ます。

 

 

 

 

デパスの減薬・断薬をするなら

 

残念ながら精神疾患を患っていると食べ物や運動だけで十分なセロトニンは作り出せないので効率よくセロトニンを作るサプリを上手く使うと減薬や断薬がスムーズに進みました。

 

 

デパス1日2錠 ⇒ 3カ月で1日1錠の減薬に成功

 

減薬に成功したのはサプリを飲み始めてから3カ月程経った頃です。2錠飲む日もありましたが最終的には3カ月程度で1錠に減らす事が出来ました。

 

減薬の際の離脱症状

1日2錠を1錠にするために、一番辛くなりやすかったお昼をデパス、不安を感じる夜にサプリを飲むようにすると、精神的に安定するからか思っていた程の離脱症状もなくスムーズ眠りにつく事ができました。

 

デパス1日1錠 ⇒ 1年で断薬に成功

 

断薬は減薬よりも時間がかかりましたが1年程度経った頃、やっと成功する事が出来ました。半年頃からデパスを飲まなくても良い日が増え始め、一切必要なくなったのが一年後。思っていたよりも早く薬を辞める事が出来たのです!!

 

断薬の際の離脱症状

1日1錠を0錠にするためには、お昼と夜の2回に分けサプリを飲むようにすると、減薬の時と変わらず気持ちがリラックスしている状態になり離脱症状が辛いと感じる事は殆どありませんでした。

 

その他に期待出来る効果

 

サプリメントのメリット精神疾患、不眠、リラックス、不安を感じない、元気が出る

 

 

まずは減薬から!サプリに含まれる栄養分

 

デパスを減薬・断薬しようと思うならセロトニンを増やすサプリがお勧めですが、断薬や減薬を考えているならセロトニンを作り出すトリプトファンとビタミンB6が豊富に含まれている事、また毎日飲むものなので天然成分で出来ている物を選ぶ事が大切です。

マインドガードDXの成分

 

リラックス成分リラックス成分が含まれる物

 

天然ノニ、アミノ酸グリシン、ギャバ、クワンソウ、アミノ酸トリプトファン

 

必要な栄養素体に必要な栄養素

 

ポリフェノール、食物繊維、ビタミンB6

 

 

無理なくデパスを減薬・断薬するならサプリにお任せ!心の安定を手に入れるならサプリメント

 

精神的な病を抱えている人にとって薬を辞めるという事は少し怖い事かもしれません。

 

しかしリラックスが出来る多くの成分を含むサプリを使いながらだと、思っている以上に減薬から断薬までが難しくありませんでした。

 

また少しずつデパスを減らしたいと思っている人でも、薬を飲みながら心配せず飲めるサプリなので自分の状態を見ながらデパスの服用を考えられるのも良いですよね。

 

 

デパス歴20年を変えてくれたマインドガードDX

 

マインドガードDX

 

デパスを飲んでいる人を楽にしたいと考え作られたマインドガードDXは、私の減薬・断薬を一番助けてくれたサプリです。

 

心や眠りの休息のために作られたサプリですが、子供でも服用可能な天然成分で出来ているので飲み続けても安心!

 

また、何よりも薬と併用して飲めるので減薬中でどうしてもデパスを服用したくても大丈夫。

 

減薬しているなら1日に1度、断薬しているなら1日に2度に分けて飲むだけなのに、簡単に薬を減らす事が出来るのですからとてもお手軽なんです。

 

液体タイプで体の吸収力も良く、美味しく飲みながらセロトニンを増やす事が出来るので、本気でデパス依存から抜け出そうと考えているなら試してみて下さいね!

 

デパスの減薬断薬を助けてくれたサプリ⇒ マインドガードDX公式サイト

 

マインドガードDXの口コミ

 

40代 女性

 

飲み始めて一カ月が経ちましたが、以前より休息出来るようになりお昼間がの生活がかなり楽になりました!

 

30代 女性

 

精神的に辛く一度試してみようと購入したのですが、飲んだ翌日から体の軽さにビックリ!今では夫婦そろって飲んでいます。

 

50代 男性

 

仕事でストレスを抱えイライラする事が多く飲んでみました。飲み始めてから心が安定するからか精神的に落ち込む事が減っていると思います。

 

40代 女性

 

家事や育児が原因で精神科に通っていたのですが、薬を飲み続けるのが嫌で試しに飲んでみました。薬程の即効性はありませんが、穏やかな感じで心が安定してきています。

 

20年デパスを飲んでいた私の感想はこちら

 

 

送料手数料無料、22%割引キャンぺーン中でお得です!

マインドガードDX公式サイト

 

 

外出時に持っていくなら錠剤タイプのマインドガードDX

 

マインドガードDX粒タイプ

 

家にいる時は液体タイプを飲んでいるのですが、旅行や外出する時には持ち運べませんよね。そんな時には成分の変わらない錠剤タイプがおすすめです。

 

デパスの減薬中や断薬中はもちろんの事、断薬してからも「もし辛くなったらどうしよう」という時のために、日ごろからピルケースにいれて今でも持ち歩いています。

 

今まではデパスを常備薬にしていたのですが、今ではサプリを常備する事で不安を感じず外出する事が出来るようになりました。

 

手軽に飲める錠剤タイプなので外出の多い方や、液体タイプが苦手な方におすすめです!

 

デパスの減薬・断薬をしていて外出するなら⇒ 休息不足が辛い方におすすめのサプリメント

 

マインドガードDX錠剤の口コミ

 

40代 男性

 

液体タイプを長年飲んでいたのですが、実は出張に持っていく事が出来ず・・・。錠剤タイプを見つけ早速試してみると、液体タイプと変わる事なく精神的にリラックスできますね。今は錠剤タイプのみを飲んでいます。

 

30代 女性

 

不眠で悩んでいた時に母にすすめられて飲み始めたのですが、飲み始めてから一週間程度でかなり深い眠りが出来るようになったと思います。もう少し試してみたいと思います。

 

30代 男性

 

サプリなので合う合わないがあると思います。悪くはないと思いますが、私には合わなかったようです。

 

40代 女性

 

うつ病と診断されているのですがどうしても薬を飲む事に抵抗があり、探していたところ見つけました。サプリなので効き目は緩やかですが飲み続けていくと体に変化を感じています!

 

10000本販売達成記念!!60%オフキャンペーン中ですよ!

マインドガードDX公式サイト

 

 

デパスは薬物依存、サプリを頼って薬と手を切る事が大切

 

デパスを長年服用していると依存してしまいなかなか辞められないと冒頭でも書きましたが、これは薬物依存に陥っているから。

 

しかし薬を飲まなくなれば薬物依存から逃れる事が出来るのです。

 

少しでもデパスの代わりになるサプリを使う事で1日でも早く怖い薬物依存から抜け出す事が出来るのですから、あなたの症状が私に似ているならきっとデパスを辞める事が出来るはず。

 

サプリを上手く使いながら辛い症状から解放されてくださいね!

 

私がサプリを試した感想

↓ ↓ ↓

デパスを断薬出来たおすすめサプリの口コミ